ビジネス教育キーワード

インターネットが普及し、ビジネスのスピードはどんどん早くなります。システムは効率化され、ワールドワイドの商圏を相手に戦っていかなくてはいけなくなりました。そんなインターネットによる戦国時代のような環境で他の企業と「差」を付けていくのは今まで以上に難しくなっています。

ビジネス教育キーワード

戦国時代に活躍した武将織田信長は「鉄砲」というイノベーションを先んじて目をつけ利用、大きな成果を上げました。いわば「鉄砲」は現代の「インターネット」のような存在だったのかもしれません。しかしながら織田信長の活躍には鉄砲以上に「家臣」の質が鍵だったとも言われています。羽柴秀吉、柴田勝家、明智光秀、前田利家、滝川一益といった優秀な家臣が信長の躍進を支えた本当の要素だったとも言われています。ところが現代の企業ではこの「家臣」の存在を忘れがちです。

インターネットで我々の社会環境が劇的に変わった中、次に変わらなければいけないのは我々、つまり「人材」なのです。もちろんその「人材」を教育する手法にも最新の手法を介して行われる「eラーニング」というキーワードは欠かせません。

その「eラーニング」ですが、2003年あたりからバブルのような状態を迎え、2008年のリーマンショックでいったん鎮静化、そして景気が回復してきた2013年頃から再び活性化してきました。この第二次eラーニングブームでは第一次の時のように「インターネットであれば」というレベルではなく、教育の効率を上げる為であれば集合研修など既存の教育手法も取り入れつつ、新たな教育手法が次々と試されています。
また対象も国内だけでなく世界規模になり、「グローバルな人材育成」が直近の課題となっている企業もたくさんあります。ツールもパソコンから、スマートフォン、タブレットが中心になり、新入社員でデジタルネイティブな世代は、これを難なく使いこなしています。

初心者の担当の方でも大丈夫!
eラーニング初心者の方にもぜひ読んでいただきたいです

このコラムでは、こうした変遷と多岐にわたる要素を含む「人材育成」と「eラーニング」を、より活用するべく「知っておくべきキーワード」として厳選し、新たに導入を検討しているeラーニング初心者の教育担当の方でも理解しやすいように、気軽に読めるラフなブログ調子で、わかり易く解説していきたいと思います。

第1回のキーワードは「eラーニングの歴史」です。eラーニングの歴史のザックリとした理解」です。1980年代から現在までのeラーニングの歴史をご説明いたします。

お読みいただきありがとうございました。

コラム更新情報

2016.01.18

ソーシャルラーニングとは

人材の流動化により、「あいつがいた頃はできたことが、今はだれもできない」という現象が起きている企業がけっこうあります。「ナレッジのマネジメント」ができていない結果だと思います。会社が大きくなり、拠点が広域化し、従業員の数 [このページへ]

2016.01.07

MOOCsとは

少し前ですが、MOOCまたはMOOCsという言葉が目についた時期があるかと思います。 今回のキーワードは、この「MOOCs」について簡単にまとめました。 MOOCsは米国のオンライン教育講義のプラットフォーム 正式な呼び [このページへ]

2015.12.25

SCORMとは

eラーニングを実施する上で避けて通れないキーワード「SCORM」 企業や学校などでLMSを導入している方は「SCORM」という言葉をよく耳にするかと思います。eラーニングを導入する上で、SCORMはある意味避けて通れない [このページへ]

2015.11.16

eラーニングの歴史のザックリとした理解

第1回は肩慣らしにeラーニングの歴史をザックリと振り返ってみたいと思います。 「eラーニング」のベースとなった「CBT(コンピューター・ベースド・トレーニング)」は1980年代にはアメリカの大学を中心に行われていました。 [このページへ]