ビジネス教育キーワード

インターネットが普及し、ビジネスのスピードはどんどん早くなります。システムは効率化され、ワールドワイドの商圏を相手に戦っていかなくてはいけなくなりました。そんなインターネットによる戦国時代のような環境で他の企業と「差」を付けていくのは今まで以上に難しくなっています。

ビジネス教育キーワード

戦国時代に活躍した武将織田信長は「鉄砲」というイノベーションを先んじて目をつけ利用、大きな成果を上げました。いわば「鉄砲」は現代の「インターネット」のような存在だったのかもしれません。しかしながら織田信長の活躍には鉄砲以上に「家臣」の質が鍵だったとも言われています。羽柴秀吉、柴田勝家、明智光秀、前田利家、滝川一益といった優秀な家臣が信長の躍進を支えた本当の要素だったとも言われています。ところが現代の企業ではこの「家臣」の存在を忘れがちです。

インターネットで我々の社会環境が劇的に変わった中、次に変わらなければいけないのは我々、つまり「人材」なのです。もちろんその「人材」を教育する手法にも最新の手法を介して行われる「eラーニング」というキーワードは欠かせません。

その「eラーニング」ですが、2003年あたりからバブルのような状態を迎え、2008年のリーマンショックでいったん鎮静化、そして景気が回復してきた2013年頃から再び活性化してきました。この第二次eラーニングブームでは第一次の時のように「インターネットであれば」というレベルではなく、教育の効率を上げる為であれば集合研修など既存の教育手法も取り入れつつ、新たな教育手法が次々と試されています。
また対象も国内だけでなく世界規模になり、「グローバルな人材育成」が直近の課題となっている企業もたくさんあります。ツールもパソコンから、スマートフォン、タブレットが中心になり、新入社員でデジタルネイティブな世代は、これを難なく使いこなしています。

初心者の担当の方でも大丈夫!
eラーニング初心者の方にもぜひ読んでいただきたいです

このコラムでは、こうした変遷と多岐にわたる要素を含む「人材育成」と「eラーニング」を、より活用するべく「知っておくべきキーワード」として厳選し、新たに導入を検討しているeラーニング初心者の教育担当の方でも理解しやすいように、気軽に読めるラフなブログ調子で、わかり易く解説していきたいと思います。

第1回のキーワードは「eラーニングの歴史」です。eラーニングの歴史のザックリとした理解」です。1980年代から現在までのeラーニングの歴史をご説明いたします。

お読みいただきありがとうございました。

コラム更新情報

2020.05.26

レジリエンスとは

新型コロナの大流行を受けて、注目されている心理学の言葉に「レジリエンス」があります。 この言葉が急に使われるようになってきた背景には、企業が今回の新型コロナ禍で、人と会社の両面で大きな逆境に立たされている状況が垣間見えま [このページへ]

2020.04.23

研修代替とは

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、政府が大規模イベントの自粛や学校の休校を要請するなど、かつて経験したことがないような厳しい状態になっています。 企業においても、新型コロナウイルスの影響を受け、サービス提供を [このページへ]

2020.03.30

階層別教育とは(その2)

前回に引き続き、階層別教育の続きの説明になります。 今回は「若手・中堅教育」「リーダー教育」「管理者・マネジメント教育」について、簡単にお話してみたいと思います。 若手・中堅教育とは 会社によって定義は若干異なりますが、 [このページへ]

2020.02.28

階層別教育とは(その1)

このコラムをお読みいただいている方で、「階層別研修」について全く知らないという方はいらっしゃらないかと思います。また「階層別研修」は、ある程度の規模の会社であれば既に実施しているというところも多いのではないでしょうか。  [このページへ]

2020.01.28

経験学習モデルとは

年も明けて2020年がやってまいりました。本年もよろしくお願いいたします。 さて、今回のキーワードは「経験学習モデル」です。 人は実際の経験を通し、それを省察することでより深く学べるという学習法を、人材育成の領域では「経 [このページへ]

2019.12.24

ピープルアナリティクスとは

IT業界は、時代の先端分野で華やかに見られますが、ストレスや自律管理の風潮が強いため、人材マネジメントの課題はたくさんあるようです。その中で、成功している組織では、従来の指示・命令を中心とした「管理型のマネジメント」では [このページへ]

2019.11.27

モバイルラーニングとは

先日「eラーニングアワード2019フォーラム」が開催されました。弊社も出展させていただきましたが、なかなかの盛況ぶりで、箱は小さいですが活気があったように思えます。セミナーでは、AIやVR、リカレント教育関連の講演を見さ [このページへ]

2019.10.31

リカレント教育とは

執筆時点でまだ終わってはいませんが、ラグビー・ワールドカップは予想以上の盛り上がりを見せています。普段フットボール(サッカー)派の私も、モールを組んで押し込み、インゴールに雪崩れ込んでトライする光景に、思わず力が入ってし [このページへ]

2019.09.26

ナッジ(nudge)とは

eラーニングコンテンツやシステム企画を立てていると、「ゲーミフィケーション」や「ナッジ」といった、ユーザーの行動やモチベーションを操作・誘導する仕掛けを仕掛けることがよくあります。 今回は、そういった仕掛けの中から、行動 [このページへ]

2019.08.29

マインドセットとは

人材育成の仕事をしていると、「マインドセット」という言葉をよく使います。 業界内的には、「日本語として通用する英語」と思ってそのまま使っているのですが、ちょっと業界から外れると通じてないと感じることがあります。 今回はこ [このページへ]