ビジネス教育キーワード

インターネットが普及し、ビジネスのスピードはどんどん早くなります。システムは効率化され、ワールドワイドの商圏を相手に戦っていかなくてはいけなくなりました。そんなインターネットによる戦国時代のような環境で他の企業と「差」を付けていくのは今まで以上に難しくなっています。

ビジネス教育キーワード

戦国時代に活躍した武将織田信長は「鉄砲」というイノベーションを先んじて目をつけ利用、大きな成果を上げました。いわば「鉄砲」は現代の「インターネット」のような存在だったのかもしれません。しかしながら織田信長の活躍には鉄砲以上に「家臣」の質が鍵だったとも言われています。羽柴秀吉、柴田勝家、明智光秀、前田利家、滝川一益といった優秀な家臣が信長の躍進を支えた本当の要素だったとも言われています。ところが現代の企業ではこの「家臣」の存在を忘れがちです。

インターネットで我々の社会環境が劇的に変わった中、次に変わらなければいけないのは我々、つまり「人材」なのです。もちろんその「人材」を教育する手法にも最新の手法を介して行われる「eラーニング」というキーワードは欠かせません。

その「eラーニング」ですが、2003年あたりからバブルのような状態を迎え、2008年のリーマンショックでいったん鎮静化、そして景気が回復してきた2013年頃から再び活性化してきました。この第二次eラーニングブームでは第一次の時のように「インターネットであれば」というレベルではなく、教育の効率を上げる為であれば集合研修など既存の教育手法も取り入れつつ、新たな教育手法が次々と試されています。
また対象も国内だけでなく世界規模になり、「グローバルな人材育成」が直近の課題となっている企業もたくさんあります。ツールもパソコンから、スマートフォン、タブレットが中心になり、新入社員でデジタルネイティブな世代は、これを難なく使いこなしています。

初心者の担当の方でも大丈夫!
eラーニング初心者の方にもぜひ読んでいただきたいです

このコラムでは、こうした変遷と多岐にわたる要素を含む「人材育成」と「eラーニング」を、より活用するべく「知っておくべきキーワード」として厳選し、新たに導入を検討しているeラーニング初心者の教育担当の方でも理解しやすいように、気軽に読めるラフなブログ調子で、わかり易く解説していきたいと思います。

第1回のキーワードは「eラーニングの歴史」です。eラーニングの歴史のザックリとした理解」です。1980年代から現在までのeラーニングの歴史をご説明いたします。

お読みいただきありがとうございました。

コラム更新情報

2018.05.29

アクイ・ハイヤーとは

人材教育の言葉ではありませんが、「アクイ・ハイヤー」という言葉をご存知でしょうか? 「アクイ・ハイヤー」は買収して雇うことの造語です。「買収採用」なんて呼ばれ方もしますが、言葉の意味としては「買収による人材獲得」の意で、 [このページへ]

2018.04.27

エビデンス・ベースト・エデュケーションとは

「○○ベースド」という言い方をよく見るようになりました。やり方のベースとなるものを明示して、それに沿った方法に付けられる言い回しです。「アカウント・ベースド・マーケティング」とか「ピープル・ベースド・マーケティング」とか [このページへ]

2018.03.28

ワーク・ライフ・インテグレーションとは

前回、「ワーク・ライフ・バランス」の意味についてご説明しました。今回は関連するキーワードで、「ワーク・ライフ・バランス」と少し違った切り口で提唱されている、「ワーク・ライフ・インテグレーション」についてご説明させていただ [このページへ]

2018.02.28

ワーク・ライフ・バランスとは

「働き方改革」「ワーク・ライフ・バランス」といった言葉は、ここ数年頻繁にメディアに登場するようになってきました。「働き方改革」や「ワーク・ライフ・バランス」は、日本企業が少子高齢化に対応し、生産性・企業イメージを高めるた [このページへ]

2018.01.25

EQとは

IQ(Intelligence Quotient)については、もはや説明を必要としないほど定着した言葉と思いますが、最近注目されている「EQ」についてはみなさんどうでしょうか? 関係者間で話題として挙がっても、「なんとな [このページへ]

2017.11.28

マイクロラーニングとは

ここ1年くらいで急に教育関連の展示会やセミナーなどで目にするようになった「マイクロラーニング」。 名前の通り、「短い(マイクロ)教材を使った学習」という意味ですが、その内容自体はまだあいまいなところがあります。また、注目 [このページへ]

2017.09.29

ダイバシティ・マネジメントとは

前回は「ダイバシティ」の意味をご説明しました。ダイバシティの歴史や企業に取り込むとどうなるか、メリットや課題などをご説明いたしました。 今回は少し具体的な話として、具体的な運用や推進するための施策としての「ダイバシティマ [このページへ]

2017.08.30

ダイバシティとは

近年、「ダイバシティの推進」をスローガンに掲げる企業が増えています。 経営戦略としての「ダイバシティ」の考え方は、多国籍・多人種の典型的な国家である1990年代のアメリカで発達しました。日本でも日本経団連などで推進されて [このページへ]

2017.07.28

コンピテンシーとは(その2)

前回は、「コンピテンシー」と「コンピテンシーモデル」についてご説明しました。 自社の各事業部のハイパフォーマーの基礎能力や技術・ノウハウ・習慣に至るまで細かに観察し、その人が「仕事ができる所以」を明確にした「コンピテンシ [このページへ]

2017.06.29

コンピテンシーとは(その1)

コンピテンシーとは、「高業績を上げる人」に共通してみられる行動特性のことを指します。人材教育の現場では、高業績者、つまりハイパフォーマーの行動特性をまねることで、社員のパフォーマンスをアップしようという取り組みが行われて [このページへ]