ビジネス教育キーワード

インターネットが普及し、ビジネスのスピードはどんどん早くなります。システムは効率化され、ワールドワイドの商圏を相手に戦っていかなくてはいけなくなりました。そんなインターネットによる戦国時代のような環境で他の企業と「差」を付けていくのは今まで以上に難しくなっています。

ビジネス教育キーワード

戦国時代に活躍した武将織田信長は「鉄砲」というイノベーションを先んじて目をつけ利用、大きな成果を上げました。いわば「鉄砲」は現代の「インターネット」のような存在だったのかもしれません。しかしながら織田信長の活躍には鉄砲以上に「家臣」の質が鍵だったとも言われています。羽柴秀吉、柴田勝家、明智光秀、前田利家、滝川一益といった優秀な家臣が信長の躍進を支えた本当の要素だったとも言われています。ところが現代の企業ではこの「家臣」の存在を忘れがちです。

インターネットで我々の社会環境が劇的に変わった中、次に変わらなければいけないのは我々、つまり「人材」なのです。もちろんその「人材」を教育する手法にも最新の手法を介して行われる「eラーニング」というキーワードは欠かせません。

その「eラーニング」ですが、2003年あたりからバブルのような状態を迎え、2008年のリーマンショックでいったん鎮静化、そして景気が回復してきた2013年頃から再び活性化してきました。この第二次eラーニングブームでは第一次の時のように「インターネットであれば」というレベルではなく、教育の効率を上げる為であれば集合研修など既存の教育手法も取り入れつつ、新たな教育手法が次々と試されています。
また対象も国内だけでなく世界規模になり、「グローバルな人材育成」が直近の課題となっている企業もたくさんあります。ツールもパソコンから、スマートフォン、タブレットが中心になり、新入社員でデジタルネイティブな世代は、これを難なく使いこなしています。

初心者の担当の方でも大丈夫!
eラーニング初心者の方にもぜひ読んでいただきたいです

このコラムでは、こうした変遷と多岐にわたる要素を含む「人材育成」と「eラーニング」を、より活用するべく「知っておくべきキーワード」として厳選し、新たに導入を検討しているeラーニング初心者の教育担当の方でも理解しやすいように、気軽に読めるラフなブログ調子で、わかり易く解説していきたいと思います。

第1回のキーワードは「eラーニングの歴史」です。eラーニングの歴史のザックリとした理解」です。1980年代から現在までのeラーニングの歴史をご説明いたします。

お読みいただきありがとうございました。

コラム更新情報

2019.06.26

モチベーション3.0とは(Part3)

ダニエル・ピンクの著書にある「モチベーション3.0(Drive!)」についての説明のPart3(3回目)になります。 Part1.では、モチベーション1.0とモチベーション2.0について説明し、2.0と、その動機づけの方 [このページへ]

2019.05.30

モチベーション3.0とは(Part2)

前回は、人間を動かす「やる気の素(DRIVE)」をコンピューターのOSに例え、より高次な段階に入った現在では、管理や強制といったマネジメントベースのOSは機能不全に陥りつつあり、個人の自主性を尊重するOSにバージョンアッ [このページへ]

2019.04.27

モチベーション3.0とは(Part1)

「モチベーション3.0」という言葉を耳にされたことがありますでしょうか? 2010年くらいからアメリカのIT関連企業を中心に、注目、導入されている人材マネジメントに関するキーワードです。 「モチベーション3.0」とはダニ [このページへ]

2019.03.28

T型人材とは

時代のニーズに合わせたキャリア形成の重要性が叫ばれています。人材育成をする上で、「こういうタイプの人材が欲しい」というイメージは各社お持ちだと思います。今回はその「理想タイプ」としてよく話題に上げられる「T型人材」と、そ [このページへ]

2019.02.28

ソーシャル・レコグニションとは

前回は、仲間や同僚などが作用し、お互いの行動、生産性に影響を与え合う「ピア効果」と、それを利用した報酬制度である「ピアボーナス」についてご説明いたしました。 ピア・ボーナスは、従業員同士が互いに仕事の成果や行動を評価し、 [このページへ]

2019.01.28

ピア効果とは、ピアボーナスとは

今回と次回は、仕事場における周り同僚の影響と評価について関係するキーワードについてご説明したと思います。 具体的には今回は「ピア効果」と「ピアボーナス」について、次回はその関連ワードの「ソーシャル・レコグニション」につい [このページへ]

2018.12.26

グリット(Grit)とは

採用をやっている知人から、「これからの時代、採用時に何を重視すべきか」と言う話をされしました。 その人の会社は、業種の人気も少なく、企業規模も小さいため、優秀な大学からの希望者は少なく、その面での初期スペックについては期 [このページへ]

2018.11.29

ノウフー(Know Who)とは

前回は社員が持っているスキル・経験・知識などを蓄積し、それを検索できる仕組みがナレッジマネジメント・システムという話をいたしました。「ノウフー(know who)」は、そのナレッジマネジメントの機能の一つで、文字通り「誰 [このページへ]

2018.10.30

ナレッジマネージメントとは

団塊の世代が大量退職した事により、組織内のノウハウが大幅に減少していしまい、せっかく採用した後任人材を活用し切れていないという企業も多いのではないかと思います。 そんな中、生産管理、販売管理、財務管理、人的資源管理、情報 [このページへ]

2018.09.27

ワークプレイスラーニングとは

多くの企業で、従業員のエンゲージメントを高める試みとして、「ワークプレイスラーニング」の整備が行われているようです。 仕事のやりがいや給料を満たすだけでなく、従業員の仕事上のスキルアップを積極的に会社が支援することによっ [このページへ]