新・人事考課シリーズ 個に着目し個を活かす

レビックグローバルのeラーニング教材の中から、管理者・マネジメント向けの教育に関するコンテンツをご紹介しております。

ドラマと知識解説を通して人材を評価する力を身につけよう

新・人事考課シリーズ 個に着目し個を活かす

一次考課者の「人材評価能力」と「対話能力」の向上は最大の課題です。このシリーズは、ドラマと知識解説を通して、能力主義・成果主義で人材を評価する力を実践的に身につけていきます。

製品ポイント

提供会社:株式会社レビックグローバル
監修者:釘崎 広光(株式会社リクルートマネジメントソリューションズ代表取締役社長)

※DVDサンプルのレンタルも行っております。
お申し込みはこちら

コンテンツ概要

教材構成

学習形態 eラーニング(インターネット配信)
学習方式 ムービー、テキスト、修了テスト
※テキストPDFダウンロード可
修了テスト:各5問
価格(税抜き) 7,200円
修了基準 全章完了または合格
標準学習時間 4時間
受講期間 3ヶ月

タイトル一覧

【能力主義・成果主義時代の人事考課とは】

  • 能力主義・成果主義時代と人事考課
  • 個に着目した人事考課のすすめ方
  • どう評価能力を向上させるか

【ドラマ/それぞれの見方】

  • ドラマを通して「考課者同士での評価基準のすりあわせ」について考えます。

【評価能力を高める】

  • 会議の位置づけ
  • ドラマ解説
  • 会議のすすめ方と評価ツール

【ドラマ/信頼はどこから生まれるか】

  • ドラマを通して「メンバーが納得する目標設定と評価」について考えます。

【対話能力を高める】

  • 目標面談・評価面談の位置づけ
  • ドラマ解説
  • 対話能力を高めるために

人事考課スキル