これだけでできる銀行窓口業務の英語

レビックグローバルのeラーニング教材の中から、語学(実務英語)に関するコンテンツをご紹介しております。

銀行の窓口業務を英語で対応するためのポイントを習得

これだけでできる銀行窓口業務の英語

「銀行窓口の英語」は近年増加している日本に訪れた外国人が銀行に訪れた際によく行う「外貨両替」「海外送金」「口座開設」にポイントを絞り、顧客対応の中で実践できる内容となっております。

1.銀行窓口で外国人対応が適切にできる

  1. 外国人の3大訪問目的 「外貨両替」「海外送金」「口座開設」を習得
  2. 銀行窓口実務に即した講座レッスン構成

2.英語が不得意でも窓口応対できる学習メソッド

  1. キーワードを “見て特定” “聴いて特定” 用件に対応する適切な表現選択を習得
  2. 窓口応対で使われる英語(単語)のキーワードを特定する力を身に付ける事でスムースな応対が可能

3.銀行窓口ですぐに役立つツールをご用意

  1. スマホを活用しスキマ時間で自己学習が可能
  2. [目的別]会話形式でそのまま使える「Quick Reference」
  3. 各種帳票のサンプル付(PDF)

製品ポイント

本コースの学習目標は、銀行窓口に訪れた外国人に対する窓口応対業務を最後まで適切にご案内できるようになることです。窓口に訪れる目的の大半は、「外貨両替」「海外送金」「口座開設」に絞られます。この3つの銀行窓口応対を中心に学習を進めてまいります。
英語が不得手な方でも、要件のキーワードさえ特定できれば適切に対応することができます。
本レッスンでは、キーワードの特定と、ご案内する表現を見つける方法を学びます。

「レッスンの流れ」

  • 各業務に特化したキーワードを学習する
  • 文字を見て対応するべきキーワードを特定する
  • 音を聴いて対応するべきキーワードを特定する
  • お客様へ、ご案内するための表現を学習する
  • お客様のご要望に対応した受け答えの表現を学習する
    ※章によって構成が異なります。

提供会社:株式会社レビックグローバル
講師(監修):内田浩樹(国際教養大学大学院英語教育実践領域教授)

監修者プロフィール

監修者:内田浩樹

内田浩樹(国際教養大学大学院英語教育実践領域教授)
愛知県立半田商業高校教諭、名古屋短期大学講師などを経て、現職。持続可能な教材作成法及び授業運営、教員養成、教師教育などが主な研究分野。
地方銀行や地方空港の窓口における英語対応の研修プログラムを開発し、講師としても活躍している。

動画サンプル

※DVDサンプルのレンタルも行っております。
お申し込みはこちら

コンテンツ概要

商品構成

  • 第1章 銀行窓口業務で英語が必要となる背景(10分)
  • 第2章 よく使われる共通の表現(5分)
  • 第3章-Ⅰ 外貨両替(10分)
  • 第3章-Ⅱ 外貨両替(10分)
  • 第3章-Ⅲ 外貨両替(20分)
  • 第4章-Ⅰ 海外送金(8分)
  • 第4章-Ⅱ 海外送金(12分)
  • 第5章-Ⅰ 口座開設(10分)
  • 第5章-Ⅱ 口座開設(20分)
  • 第6章 国内送金(7分)
  • 第7章 例題とまとめ(15分)

商品仕様等

受講対象 銀行窓口の方、銀行支店リーダー
学習形態 eラーニング(インターネット配信)
標準学習時間 2時間程度
その他 ・Quick Reference
・帳票サンプル
   外貨両替依頼書/口座振替依頼書(確認用)
   口座申込書(確認用)/口座申込書印鑑届(確認用) 
   国際送金請求書(口座確認用・住所確認用)

※商品構成、内容、仕様、価格等は予告なく変更されることがあります

価格

eラーニング講座 10,000円(税抜)/人
受講期間6ヶ月間
合格基準:全章完了
学習管理システム 専用ポータルサイト構築時の初期費用として個別にお見積もりになります

この製品へのお問い合わせはこちらからどうぞ

お問い合わせ/資料請求