制作実績・サンプルギャラリー

映像教材開発サンプル事例

レビックグローバルはこれまでさまざまな企業の学習コンテンツを受託制作してまいりました。
また、制作した映像はDVDなどのメディア製品だけでなく、様々な機能を搭載したeラーニングコンテンツとしてパッケージすることで、高い学習効果を実現してきました。

制作実績の一例ご紹介

レビックグローバルはこれまでさまざまな企業の学習コンテンツを制作いたしました。
以下はその一例となります。

金融

金融:メガバンク、地方銀行、信用金庫

タイトル:「金融商品取引法制の概要」「ビデオで学ぶ集金取次表」「投資信託のポイント」「ワインテラーの基本~普通預金の入金・出金~」「与信管理強化のために~ビデオによるケーススタディ~」

保険

保険:大手損害保険、生命保険

タイトル:「テクニカルスタッフ応対レベルアップ研修」「復旧支援サービス」「食の安全セミナー(ケースドラマ)」「生命保険って何?」「そこが知りたい!オートリースのすべてを大解剖」「債権回収の基本」

メーカー

メーカー:自動車、家電、部品、食品、飲料、アパレルほか

タイトル:「PNMI 電気System 基礎Training」「Quick Service(5ヶ国語対応)」「工場長の役割と行動とは」「モーターショー用9面マルチビデオ」「ディスプレイ技術の基本」「フォーマルウェアのTPO」

流通小売

流通小売:百貨店、スーパー、コンビニエンスストア

タイトル:「店舗研修用接客マニュアル」「ハンディターミナル編/POSレジ編」「風土共有化」「販売の流れ①待機・お迎え・アプローチ」「キャストって何?」「セブンステップサービス 用語と動作」

インフラ

インフラ:電力、エネルギー、通信、鉄道

タイトル:「システム開発を巡って -問題編-」「ライブ・ジョイントシール工法の開発」「プレーン配管工法」「集金時の対応マナー」「当直業務に携わる人のために」

その他

その他:建設、不動産、住宅販売、製薬、医療・福祉、商社、印刷、出版、IT、教育産業、官公庁、独立行政法人

タイトル:「海外プロトコルビデオシリーズ」「先生が語る高校生採用のポイント」「マンション生活と管理の基礎知識」「ドキュメント『面接』」「就職ガイダンスシリーズ」

グローバル対応

グローバル対応 :英語、中国語、ベトナム語ほか

タイトル:「サイコム経営スキル講座時代を勝ち抜く『経営戦略』」「クリティカル・シンキングのエッセンス」「コミュニケーション力開発コース」「成果を上げるチームマネジメントの技術」

海外での制作実績

海外での制作実績:北京、上海、成都

タイトル:「販売員トレーニング中国語版(成都伊藤洋華堂様:受託開発)」「美容師トレーニング中国語版(中国現地企業:受託開発)」「自動車整備訓練:5カ国語対応(国産自動車メーカー様:受託開発)」

サンプル動画

弊社が作成した映像教材のサンプルです。
※一部コンテンツはYouTubeに接続します。
過去のベストセラー作品・受賞作品などはYouTubeチャンネル「映像教材の殿堂 REVIC museum」にて配信しております。

「映像教材の殿堂 REVIC museum」      URL:https://www.youtube.com/revicmuseum

ジャンル
研修教材(営業力強化)
タイトル
「共感を与えるプレゼンテーション技法」
備考
1990年日本視聴覚教育協会主催 教育映画祭 優秀作品賞受賞

お客様に共感いただき、提案を採用へと動機づけるためにプレゼンテーションは最も重要な場面になり、またそこでのSEの役割は大変大きなものになってきます。SEとして何を準備しどう伝えるのか。ますます求められるSEのコミュニケーション能力を分かりやすいケースドラマを通して学習できます。

ジャンル
映像教材(マネジメント力強化)
タイトル
「ケーススタディで実践力をみがく マネジメント力開発シリーズ No.11 年配社員のモチベーション」
備考
1990年日本視聴覚教育協会主催 教育映画祭 文部大臣賞受賞

企業で問題となっているケースを臨場感溢れる映像によってドラマ化しました。年配の熟練工と、その上長である中堅社員は日々いさかいを繰り返していた。対策として熟練工の配置転換が検討されていたが・・・、このケーススタディーでは、部下の気持ちを受け止める、かかわり方などを考えていきます。

制作事例

レビックグローバルはこれまでさまざまな企業の学習コンテンツを制作いたしました。
以下はその一例となります。

グループワークモデル:外資系製薬会社A社の場合

制作の目的 ・新しい人事考課制度導入にともない、マネジメント層に制度の仕組みを理解・浸透させる
・評価誤差を無くすために、モデル社員によるケース事例を示して行動基準設定を行う
期待する効果 ・マネジメント層への人事考課制度の浸透を図り、全社共通認識のもとに社員個々の評価とフィードバックが実施されること
学習対象者 ・現マネジメント層および毎年の新任マネジャー
使用場面 ・各部門、支社単位でグループワークを実施する際のファシリテーションツールとして使用
RGからの提案 ・ハード面:多拠点でグループごとにコンテンツを共有して学習することから、学習全体をe-learningプラットホームを利用して構成する
・ソフト面:行動基準設定のシナリオ化にあたり、モデル社員等の登場人物をリアルに描くことが不可欠なため、日常行動シーンを構築するフォーマットシートを提案
お客さまの評価 ・e-learningプラットホーム利用により、多拠点での一斉教育や情報共有ができ、想定以上に制度の理解、浸透が進んだ
・リアルなモデルケースを採用したことで体験学習的に取り組むことができた(学習者の学習意欲が高まった)

ブレンディングモデル:メガバンクB社の場合

制作の目的 ・研修の効率化と実践活用をイメージした、より効果的な集合研修カリキュラムを設計
期待する効果 ・自身のタイミングでMan to Man研修を受けることが可能
・事前に情報のインプットと自身の理解度を図る事で、集合研修を理解度を深める内容とすることが可能
学習対象者 ・各階層・各職種を対象
使用場面 ・事前課題として、個人学習(PC・スマートフォン)用
RGからの提案 ・ハード面:時間外や自宅・移動時における学習を可能とする事を提案。特に、さまざまなデバイスでも学習可能とする環境を提供
・ソフト面:研修の講義形式部分をオンライン研修として映像化する。個人向けの研修を想定したカリキュラム構成の設計と表現方法について提案
お客さまの評価 ・ブック感覚で学習できる利便性から、『自主的に学習する機会が増えた』という声が多くなった
・事前の知識学習を個人で、応用や実践を研修で行うカリキュラムを早期に確立できた

個人学習モデル:国内自動車メーカーC社

制作の目的 ・自律的な学習の促進
・集合研修の効率化
・研修内容/効果の平準化
期待する効果 ・今まで集合研修だった内容を自己学習にし、能動的に学ぶ環境の醸成
・テキスト、映像コンテンツによる集合研修の代替化
学習対象者 ・サービススタッフ(1年目~10年目まで)
使用場面 ・自宅
・職場毎の勉強会
・上司による指導
RGからの提案 ・ハード面:映像とテキストの連動による学習ツールの提案
・ソフト面:自己学習を継続的に行えるように学習計画の実施を提案。映像ツールにクイズを導入し、インタラクティブに学ぶツールとして提案
お客さまの評価 ・集合研修の内容を『映像+テキスト』で表現する事により、集合研修の代替化を行うことができた
・映像とテキストの内容が連動しているため、学習者が受講しやすい、理解しやすい環境となった